脱毛器口コミガイド!ヾ(゚∀゚ゞ)管理人も体験してみました

脱毛器の口コミを集めてランキングにしてみました!実際に1位の商品を管理人が使っているので体験談も見てみてくださいね

話題の家庭用脱毛器のご紹介!機能も価格もいろいろです

Posted By on 2016年7月27日

家庭用脱毛器の価格は様々です。
それは、性能が全く違うからです。

性能の違いは効果の違いともいえますが、高いから良い、機能が多いから良いということではありません。
自分はこのくらい無駄毛処理ができて、ランニングコストもちょうど良いというものを選んでみましょう。

人気や話題になっている家庭用脱毛器
・ケノン 98,000円
フラッシュ脱毛(エステサロンなどと同じ)。

毎年改良を重ね、最新機種を発表、10段階の調節機能で、ほぼ全身の脱毛ができます。
カートリッジ(4,000円~7,000円)があるので、ランニングコストはかかるものの、1ショット0.15円で低コストです。
美顔器機能も付いています。

・トリア 59,800円
家庭用レーザー脱毛です。
バッテリー交換が必要になります。
約500回の充電が可能です(19,950円)。

ケノンと比較して、照射面積は広くないのですが、レーザー照射ができることで、一回一回の脱毛効果は高いです。
少し重たいので、長時間の脱毛は疲れるとの口コミも。

・ノーノーヘア 29,800円
熱線によって無駄毛を焼き切る方式です。
毛根のダメージはありませんから、敏感肌にも安心ですが、注意してください。

コンパクトで持ち運びもできます。
1、2ヶ月くらいごとに、バッファーと刃の交換(5,980円~)が必要です。

・ソイエ 約15,000円~
お風呂でも脱毛ができ、泡脱毛とドライ脱毛が選択できます。
足の角質ケアもできます。

痛みがあると言われていますが、毎年改良を重ねているパナソニックの自信作です。
替刃やヤスリなどのランニングコスト(1,188円~)もかかります。

このように、家庭用脱毛器は価格もいろいろで機能も違います。
例えば、ノーノーヘアの場合は、脱毛と言うよりは、すぐに無駄毛を無くしたい方、まめにケアをしたい方なら十分です。

レーザー照射が良いと思っても、肌に合わないとか、照射面積が広いケノンが良いなど選択肢はいろいろです。
値段も幅がありますし、毎年改良という点においても、いつどんな家庭用脱毛器をかつたら良いなど、悩みどころですね。

夏に向けて脱毛をお考えの方で、今購入したい脱毛器を選ぶときに、参考にしてみてください。
男性の鬚対応ができるものが良いという場合、上記に紹介した全ての脱毛器で対応OKです。

ワキはもちろん、全身もできますが、眉毛だけは、ケノンだけ対応できます。
シェーバー機能がほしいのであれば、お風呂でもできるソイエがオススメです。
というように、使う方のニーズに合わせた対応内容がありますから、よくよく比較してみてください。


Comments

Comments are closed.